次回の予定

奨学金の勉強会 2019

 

 

未定  詳細が決まり次第お知らせします。



奨学金の勉強会 2018

参加の皆様に傘の心配なく来て頂くことができてホッとしました。
参加総数 10名
定刻通り10:00開始、12:00終了
本会では昨年度末まで3年間、学習支援を実施していました。(28年度からは少し形を変えて実施)その中で、ひとり親家庭にとって「奨学金」は子どもの進学には必要不可欠なものなのに、実際はあまり良く知らないで、またギリギリで動き出す傾向にあるように思いました。子どもの進路をお金が無いために諦めさせることは、避けたいと思うのは親であればだれもが思うことです。そこで頼るのが「奨学金」です。そこで28年度の最初の事業計画にこの「奨学金の勉強会」を企画しました。講師の加藤さんとは、とあるところで知り合い今回ご協力お願いした次第です。加藤さんご自身もひとり親です。事前の打ち合わせを通じこちらの主旨を、ご理解いただき快諾を頂きました。
レジメと資料を用意し、経験者の話(親と返済中の子ども)を交え2時間の勉強会でした。ご参加の皆様よりも概ね良い感想を頂き、他にご意見とては、具体的な例の提示があれば考えやすかった、給付型の奨学金の紹介にも時間をかけてほしかった等々のご指摘もありました。しっかりと質問を受ける時間がなかったので、その点も反省点です。来年度以降も実施の予定をしていますので、しっかり勉強してより良いもにしていきたいと思います。

 

 


  • 日 程  平成28年4月24日 日曜日
  • 場 所  クロスパル高槻 4F 研修室
  • 時 間  10:00~12:00
  • 参 加  10名

 


学習支援シンポジウム

参加総数 50名
13:00開演 ~ 渡氏の講演(約40分)~ 休憩 ~トークセッション ~ 質疑応答 ~ 引き続き個別相談
の流れで無事終了となりました。
渡氏の講演では、ご自身の体験を赤裸々に語っていただき、共感するところや身につまされるところやそう考えるんだと妙に納得したところ・・・等々色々考えさせていただきました。またトークセッションでも学生講師、スタッフ(いづれもひとり親家庭)の方々が其々話をしていただきました。お父さんに対する気持ち、お母さんに対する気持ち、取り巻く周りの人に対する気持ち等々答えにくいところもあったでしょうが、真摯に一生懸命答えてくれているのが、伝わってきました。
準備不足が否めず反省しきりの1日でしたが、参加の方々からは、色々と感じていただけたようでその後、メールや直接、感想を頂きました。其々色々と考えるたり、感じたりしてもらえたようです。
これからもいろいろな発信をしていけたらと思います。ご協力いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

 


  • 日 程  平成27年6月21日 日曜日
  • 場 所  高槻市現代劇場 市民会館 206号
  • 時 間  13:00開演 (15:30終了)
  • 参 加  50名